• 外来のご案内
  • リハビリのご案内
  • 人間ドック・検診


診療科目

整形外科

豊富なノウハウと外傷(打撲、捻挫、骨折、脱臼、筋腱損傷、熱傷など)、スポーツ傷害、腰痛、肩こり、五十肩、膝痛、手のしびれ、痛風、関節リウマチなど整形外科一般の診療・リハビリを行います。

一般整形外科(骨や関節の外傷や障害)

首、肩、腰、膝、股関節の慢性的な痛み、急性期外傷(骨折、脱臼、切り傷、打ち身、交通事故)といった一般整形外科の診療を行います。

スポーツ整形外科

スポーツに対する理解、スポーツ障害・外傷に対する専門的な知識を有した医師が、適切な治療・リハビリテーションを行い、早期の復帰を目指します。

膝関節・股関節の専門的指導

整形外科でも専門性の高い分野であり、最初の判断とリハビリテーションが将来的予後を大きく左右することがあります。症状によって、大学病院への紹介、手術の執刀も行っています。

ロコモティブシンドローム

ロコモを予防するために適切な運動処方(下半身、体幹のトレーニング)をします。骨密度が心配な方はチェックいたします。

関節リウマチ

関節リウマチは近年のめざましい薬の進歩により病状をコントロールすることが可能です。薬剤による治療はとても大切ですが、関節のリハビリも重要です。

内科一般

内科一般の診療はじめ、禁煙外来・AGA外来や爪白癬菌の診断治療、睡眠時無呼吸症候群の簡易検査も行っております。必要に応じて迅速に専門医へご紹介いたします。
その他、血便や痔などによる肛門診察も行っておりますので、ご相談ください。

脳血管障害後リハビリテーション

脳梗塞や脳出血、外傷などで、急性期治療を総合病院で行った後、引き続きリハビリが必要な方など当院での通院リハビリ継続をお受けします。

生活習慣病

生活習慣病とは「食習慣・運動習慣・休養・喫煙・飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」とされ、「糖尿病」「高血圧」「脂質異常症」「肥満」「高尿酸血症」「骨粗鬆症」などが含まれます。これらの疾患をそのままにしておくと心臓病・心臓疾患(虚血性心疾患)、脳卒中などの原因となります。
当クリニックでは、早期発見のための各種健診はもちろん、病気にならないための運動療法を主体とした生活習慣病予防にも力を入れております。お気軽にご相談ください。
p-specialty-pic-01
p-specialty-pic-02
担当勤務表

医師のご紹介

担当勤務表

アクセスマップ
地図

〒362-0021埼玉県上尾市原市3133

バスでお越しの方

JR宇都宮線 東大宮駅より東武バスで10分
「原市団地入口」・「原市団地北口」下車すぐ

詳しい地図はこちら

電話


当院では、一般的な整形外科疾患からスポーツ傷害まで、様々な疾患に対してリハビテーションを行っております。保存療法による、痛みの改善・日常生活能力向上を第一に考え 、積極的な運動療法を実施しています 。

併設されたフィットネスセンターと連携して、 地域のみなさま一人の健康状態に合わせた運動プログラムを提供することで 障害の改善・予防に取り組んでいます。

当院で提供しているリハビリ事業

詳しく見る
詳しく見る

rehabilitation_01rehabilitation_02

リハビリの主な疾患

一般的な整形外科
疾患のリハビリ
スポーツ障害・
外傷後のリハビリ
手術後のリハビリ 脳卒中のリハビリ 一般的な整形外科
疾患のリハビリ

リハビリの設備

rehabilitation_03
rehabilitation_04

rehabilitation_05
rehabilitation_06

リハビリの施設

スタッフ

理学療法士
p-rehabilitation-text-01

理学療法士集合写真

訪問リハビリのご案内

訪問リハビリとは、通院しながらリハビリテーションを受けることが困難な方に対して、主治医からの指示に基づいて、リハビリの専門家(理学療法士)が患者様のご自宅に訪問してリハビリテーションを行うことです

対象となる方

checked介護認定で、要介護もしくは要支援の認定を受けている方

checkedかかりつけの医師が、理学療法士等による訪問リハビリテーションが必要であると判断した方

内容

・関節の変形拘縮の改善
・寝返りなどの体位変換・介助方法の指導
・起き上がりや、座る訓練・介助方法の指導
・立ち上がり・歩行訓練
・日常生活動作訓練・介助方法の指導
・福祉用具・住宅改造についてのアドバイス

実施時間

月曜日〜土曜日(午前9:30〜午後4:30) 祝日、年末年始を除きます

費用

介護保険制度により定められていますが、サービスの利用回数や期間によって異なります。
詳しくはお問合わせください。

利用までの流れ

1. 訪問リハビリのご希望

2. 担当ケアマネージャーとご相談

3. かかりつけ医による診察

かかりつけ医から当院への「診断情報提供書」 が必要

4. 当院の医師による診察

当院の理学療法士等にリハビリの処方

5. 訪問リハビリ開始

p-rehabilitation-pic-15
p-rehabilitation-pic-16

通所リハビリの案内

通所リハビリテーション

介護保健で「要介護」と認定された方を対象に、理学療法士が「個別リハビリテーション」を重点的に行う短時間型通所リハビリです。

通所リハビリテーション

介護予防通所リハビリテーション

介護予防通所リハビリテーションとは、病院・診療所に通いながら、できる限り自宅で自立した日常生活を営むことができるよう、リハビリテーションを行うサービスです。

介護保険で「要支援1」または「要支援2」と認定された方を対象に、”筋力・体力・身体機能の維持向上を目的”として、週に1〜2回、1回につき2時間半の短時間型リハビリを行っています。

介護予防通所リハビリテーション

ご持参いただくもの

ご持参いただくもの

サービス内容

当クリニックでは、理学療法士がプールを利用した機能訓練、マシントレーニング、非マシーントレーニングを併用しながら運動プログラムを作成し、利用者様に適した機能訓練サービスを提供いたします。尚、機能訓練(マシントレーニング+非マシーントレーニング)のみのサービス提供をしておりますので、ご不明な点が担当者までお問合わせください。

下記のサービスより選択できます。

checked基本サービス(機能訓練のみ

checkedプール利用型サービス(機能訓練プール利用)

p-rehabilitation-pic-17
p-rehabilitation-pic-18

基本サービスの流れ

プール利用型サービスの流れ

利用料金

利用料金
※介護予防サービスは、月額定額制です

電話番号


人間ドックのご案内

人間ドックを受診する目的の一つは病気を予防する、つまり、血液検査等の結果に従い、発病する前に病気の原因となる影響が大きいとされる、生活習慣を改める事です。これを第一予防と言います。

また、自分は健康であると感じている人が気付かないうちに病気を持っている場合もあるため、早期発見により治療をする事です。これを二次予防と言います。 これら二つの目的を果たす為に人間ドックを受診するのです。人間ドックは、受診者個人への適合したサービスです。その検査結果を大切に記録・保管し、あなたの日々の健康管理のために是非活用してください。

受付・実施時間

checkup_01
月~土曜日 [祝・祭日を除く]
checkup_02
8:20~13:00頃まで

プランのご案内

プランのご案内
詳細・予約はこちら

健診のご案内

病気にかかって、初めて健康というものの大切さが分かります。近年では生活習慣病が年々増加しており、これといった初期症状がないまま、知らないうちに病気が進行して手遅れになることも少なくりません。

特に働き盛りの40才~50才代の人たちが生活習慣病にかかると、仕事や日常生活に影響が出てしまいます。生活習慣病には、早期発見・早期治療が大切です。常日頃から「自分の健康は自分が守る」というセルフケアの観点が重要です。

当院では皆さまの生活習慣病の予防・早期発見を、また健康意識を高め、健康保持増進を行うことを積極的に取り組んでおり、下記のような各種の健診メニューをご用意しております。

健診のご案内
検査項目とオプション内容はこちら
電話番号